googleカレンダー

【コピペで使える】GASでカレンダーの色をセットしてみる

icon_for_CalendarApp_ setColor

カレンダーや予定の色を設定するメソッド — setColor

今回はカレンダーの色を設定するsetColorメソッドをご紹介します。読んで字のごとく、カレンダーに色(カラー)をセットします。やり方はとてもシンプルなのでささっと覚えてしまいましょう。まずは、カレンダーの色ってどこのことだ?という疑問の解消から今回の投稿はスタートしたいと思います。

続きを読む

【コピペで使える】GASでカレンダーの属性を確認してみる

icon_for_CalendarApp_ is****

カレンダーの情報を確認するis◯◯メソッド — is****

今回はカレンダーの情報を確認するis◯◯メソッドについて説明したいと思います。このコードは、対象のカレンダーが○○に入る部分にマッチするかしないかを真偽値で返してくれるメソッドになります。全部で4つ有りますので、覚えてしまいましょう。

続きを読む

【コピペで使える】GASでカレンダーのタイムゾーンを取得してみる

icon_for_CalendarApp_ getTimeZone

今回はカレンダーに設定されているタイムゾーンを取得するgetTimeZone()メソッドをご紹介します。

設定のタイムゾーンによってベースとなる時間が変わりますので、グローバル対応などで複数のタイムゾーン設定のカレンダー操作をする必要がある場合などにタイムゾーンを確認して処理を分岐させることなどができるようになると思います。

カレンダーのタイムゾーン設定を取得するメソッド — getTimeZone

続きを読む

【コピペで使える】GASで自分のカレンダーを名称で取得してみる

icon_for_CalendarApp_ getOwnedCalendarsByName

自分がオーナーのカレンダーからカレンダー名を指定して特定のカレンダーを取得するメソッド — getOwnedCalendarsByName

今回はアカウントに接続されているカレンダーのうち、自分がオーナーのカレンダーの中からカレンダー名を使って特定のカレンダーを取得するメソッドを紹介します。今回のメソッドはgetCalendarsByName()メソッドと似ていますが、getCalendarsByName()メソッドは他のアカウントがオーナーのカレンダーを含めてカレンダー名で取得することができるのですが、今回のgetOwnedCalendarsByName()メソッドは自分がオーナーのカレンダーのみ取得することができます。

続きを読む

【コピペで使える】GASで自分のカレンダーをIDで取得してみる

icon_for_CalendarApp_ getOwnedCalendarsById

自分がオーナーのカレンダーからカレンダーIDで特定のカレンダーを取得するメソッド — getOwnedCalendarById

今回はアカウントに接続されているカレンダーのうち、自分がオーナーのカレンダーをカレンダー毎に割り振られた一意のカレンダーIDを使って特定のカレンダーを取得するメソッドを紹介します。今回のメソッドはgetCalendarById()メソッドと似ていますが、getCalendarById()メソッドは他のアカウントがオーナーのカレンダーを含めてIDで取得することができるのですが、今回のgetOwnedCalendarById()メソッドは自分がオーナーのカレンダーのみ取得することができます。

続きを読む

【コピペで使える】GASでカレンダー名を取得してみる

icon_for_CalendarApp_ getName

カレンダー名を取得するメソッド — getName

今回はカレンダーごとに設定されているカレンダー名をプログラム的に取得するメソッドをご紹介します。カレンダー名とは、Googleカレンダーにアクセスして画面左側に表示されているカレンダーの表記名のことになります。今回のメソッドでは、このカレンダー表記をプログラム処理で取得したいと思います。

続きを読む

【コピペで使える】GASでカレンダーのIDを取得してみる

icon_for_CalendarApp_ getId

カレンダーIDを取得するメソッド — getId

今回はカレンダーごとに設定されている一意のカレンダーIDを取得するgetId()メソッドをご紹介します。IDがわかればそのカレンダーに一発でアクセスができますので、処理速度の高速化に非常に役に立ちます。カレンダーIDは手動でも確認することができますので、その確認方法も合わせて今回の投稿でご紹介します。

続きを読む

【コピペで使える】GASで予定や終日予定を取得してみる

icon_for_CalendarApp_ getEvents

条件に一致するカレンダーイベントを一括で取得するメソッド — getEvents

今回は既に作成済みの複数の予定を日付や作成者等の条件に従って一度に取得するgetEventsメソッドの説明をしたいと思います。今回のコードではGoogle Apps Script特有の特徴を学ぶ事ができます。

Google Apps Scriptは以前は処理速度が遅いと言った声や処理の上限時間が短いと言った言葉がネット上でも散見されましたが、殆どの場合はコードの書き方に問題がありました。大量の予定を一つずつシステムで取得してしまうと処理速度は遅くなってしまう可能性がありますが、そのような場合には今回ご紹介するような一気にデータを取得できるようなメソッドを利用してみましょう。100件あっても200件あっても1度の処理でデータを取得できますので、Google Apps Sriptを使う上ではこのような処理を極力行うようにすることを必ず頭に入れておきましょう。

続きを読む

【コピペで使える】GASでイベントIDを使って予定を取得してみる

icon_for_CalendarApp_ getEventById

任意のカレンダーイベン卜を取得するメソッド — getEventById

今回は任意のカレンダーイベントを取得するメソッドを紹介します。以前はイベントIDで予定を取得することができなかったという投稿がネット検索では未だに残っていますが、今ではイベントIDから予定に直接アクセスすることが出来るようになっています。

今回はこのメソッドの説明をしたいと思います。

続きを読む