今日からGoogleスライドで使えるGASのコード一覧

templateLogo_SlidesApp

本記事では、Google Apps ScriptでGoogleスライドに対して使うことができるSlidesAppという処理の一覧表を用意しました。Googleの公式ドキュメントは英語なので、分かりづらいところもありますので、みなさんがそこで挫折しないように日本語で内容が把握できるようにします。

まだすべてのメソッドで日本語での使い方が解説できているわけではありませんが、最終的にはすべての使い方を日本語で解説するページを用意していきます。
日本語化されている記事の見分け方は、簡単な説明列で日本語が記載されているものについては日本語記事が用意できています。メソッド名をクリックすることで対象の記事を閲覧することができます。
日本語の記事が出来上がっていないメソッドについてはGoogleから提供されている公式ドキュメント(英語)へのリンクとなっています。

続きを読む

   

今日からGoogleフォームで使えるGASのコード一覧

templateLogo_FormApp

本記事では、Google Apps ScriptでGoogleフォームに対して使うことができるFormAppという処理の一覧表を用意しました。Googleの公式ドキュメントは英語なので、分かりづらいところもありますので、みなさんがそこで挫折しないように日本語で内容が把握できるようにします。

まだすべてのメソッドで日本語での使い方が解説できているわけではありませんが、最終的にはすべての使い方を日本語で解説するページを用意していきます。
日本語化されている記事の見分け方は、簡単な説明列で日本語が記載されているものについては日本語記事が用意できています。メソッド名をクリックすることで対象の記事を閲覧することができます。
日本語の記事が出来上がっていないメソッドについてはGoogleから提供されている公式ドキュメント(英語)へのリンクとなっています。

続きを読む

   

今日からGoogleサイトで使えるGASのコード一覧

templateLogo_sites

本記事では、Google Apps ScriptでGoogleサイトに対して使うことができるSitesAppという処理の一覧表を用意しました。Googleの公式ドキュメントは英語なので、分かりづらいところもありますので、みなさんがそこで挫折しないように日本語で内容が把握できるようにします。

ただし、Googleサイトは、2016年11月22日に新しいバージョンにアップデートされましたが、Google Apps Scriptは新しいバージョンに対応されていません。下記のコードを利用する際は、以前のバージョンに戻して使う必要がありますのでご注意下さい。
新しいGoogleサイトでは、以前まであったスクリプトエディタという項目がメニューにありませんので利用することができません。
新しいバージョンにもそのうち対応するかと思っていたのですが、もうすでに新しいバージョンがリリースされてから4年以上が経過していますので、今後も新しいバージョンに対応するかは疑問があります。
ちなみに、2021年5月までは旧バージョンのサイトを作成できたのですが、今現在は作成することもできなくなりました。そのため、下記コードはすでにサイトを旧バージョンで作成済みのファイルでのみ利用できるものとなります。
一応レガシーとして情報掲載だけしておこうかと思います。

SitesAppの概要

SitesAppとは、Google Apps ScriptでGoogleドキュメントに対する操作を行うコードですが、SitesAppに用意されているメソッドでは、次のような操作を行うことができます。

  • ページへのファイル添付
  • カラムの操作
  • コメントの操作
  • リストの操作
  • ページの操作
  • サイトの操作

続きを読む

   

今日からGoogleマップで使えるGASのコード一覧

templateLogo_maps

本記事では、Google Apps ScriptでGoogleマップに対して使うことができるMapsという処理の一覧表を用意しました。Googleの公式ドキュメントは英語なので、分かりづらいところもありますので、みなさんがそこで挫折しないように日本語で内容が把握できるようにします。

まだすべてのメソッドで日本語での使い方が解説できているわけではありませんが、最終的にはすべての使い方を日本語で解説するページを用意していきます。
日本語化されている記事の見分け方は、簡単な説明列で日本語が記載されているものについては日本語記事が用意できています。メソッド名をクリックすることで対象の記事を閲覧することができます。
日本語の記事が出来上がっていないメソッドについてはGoogleから提供されている公式ドキュメント(英語)へのリンクとなっています。

続きを読む

   

今日からGoogleドキュメントで使えるGASのコード一覧

DocumentApp

本記事では、Google Apps ScriptでGoogleドキュメントに対して使うことができるDocumentAppという処理の一覧表を用意しました。Googleの公式ドキュメントは英語なので、分かりづらいところもありますので、みなさんがそこで挫折しないように日本語で内容が把握できるようにします。

まだすべてのメソッドで日本語での使い方が解説できているわけではありませんが、最終的にはすべての使い方を日本語で解説するページを用意していきます。
日本語化されている記事の見分け方は、簡単な説明列で日本語が記載されているものについては日本語記事が用意できています。メソッド名をクリックすることで対象の記事を閲覧することができます。
日本語の記事が出来上がっていないメソッドについてはGoogleから提供されている公式ドキュメント(英語)へのリンクとなっています。

DocumentAppの概要

DocumentAppとは、Google Apps ScriptでGoogleドキュメントに対する操作を行うコードですが、DocumentAppに用意されているメソッドでは、次のような操作を行うことができます。

  • ドキュメントファイルの作成
  • アクセス権限の編集
  • ドキュメントファイルの修正

続きを読む

   

今日からGoogleスプレッドシートで使えるGASのコード一覧

Google Apps Scriptではスプレッドシートを操作するための基本的なコードがSpreadsheetAppという名称で用意されています。
今回は、SpreadsheetAppのリファレンスを用意しました。コードの数がかなり多いですが、非常によく使う機能が集まっていますので、プログラマーを目指していなくても、作業効率が飛躍的に向上しますのでぜひ覚えてほしいコード達です。

続きを読む

       

【徹底検証】GASでセルから最も効率的に値を取得する方法とは?

今回はGASを使ってスプレッドシートの処理をする際に処理速度改善において考慮するべき事を紹介しようと思います。
GASでの処理高速化について、他のブログでもよく取り上げられるgetValues()を使って高速化することについては他のブログなどに紹介は任せるとして、本記事では私の経験上有効である考える手法を紹介したいと思います。

この記事ではできるだけ他のブログでは紹介されていないような内容の記事を目指します。

続きを読む

   

【コピペで使える】GASでフォルダ/ファイルの最終更新日時を取得してみる

icon_For_DriveApp_getLastUpdated

今回のメソッドは、Googleドライブでファイルの編集日時を取得するgetLastUpdated()メソッドの使い方をご紹介します。ファイルを編集すると更新時間が随時変更されていきますが、このメソッドを使うことで最終更新日時を取得することができます。更新日時がわかることで、期間を限定してある特定の期間に編集されたフォルダやファイルを取得したりすることができます。

使い方はgetDateCreated()メソッドと同じですので、簡単に使えるようになると思います。

続きを読む

   

【コピペで使える】GASでフォルダ/ファイルの作成日時を取得してみる

icon_For_DriveApp_getCreatedDate

今回のメソッドは、Googleドライブでファイルの作成日時を取得するgetDateCreated()メソッドの使い方をご紹介します。ファイルが一番最初に作成された日時は一度編集などをされてしまうと手動で確認するには編集履歴を確認するしか無いと思いますが、このメソッドを活用すれば簡単に作成日時を取得することができます。使用用途としては、作成日順でソートしたりでしょうか。あるいは、作成から○日後に処理を行うなどもできるかもしれませんね。

今回はこのgetDateCreated()メソッドの使い方を学んでいきたいと思います。

続きを読む