templateLogo_sites

本記事では、Google Apps ScriptでGoogleサイトに対して使うことができるSitesAppという処理の一覧表を用意しました。Googleの公式ドキュメントは英語なので、分かりづらいところもありますので、みなさんがそこで挫折しないように日本語で内容が把握できるようにします。

ただし、Googleサイトは、2016年11月22日に新しいバージョンにアップデートされましたが、Google Apps Scriptは新しいバージョンに対応されていません。下記のコードを利用する際は、以前のバージョンに戻して使う必要がありますのでご注意下さい。
新しいGoogleサイトでは、以前まであったスクリプトエディタという項目がメニューにありませんので利用することができません。
新しいバージョンにもそのうち対応するかと思っていたのですが、もうすでに新しいバージョンがリリースされてから4年以上が経過していますので、今後も新しいバージョンに対応するかは疑問があります。
ちなみに、2021年5月までは旧バージョンのサイトを作成できたのですが、今現在は作成することもできなくなりました。そのため、下記コードはすでにサイトを旧バージョンで作成済みのファイルでのみ利用できるものとなります。
一応レガシーとして情報掲載だけしておこうかと思います。

SitesAppの概要

SitesAppとは、Google Apps ScriptでGoogleドキュメントに対する操作を行うコードですが、SitesAppに用意されているメソッドでは、次のような操作を行うことができます。

  • ページへのファイル添付
  • カラムの操作
  • コメントの操作
  • リストの操作
  • ページの操作
  • サイトの操作

続きを読む