G suite Services

【コピペで使える】GASでフォルダ/ファイルの最終更新日時を取得してみる

icon_For_DriveApp_getLastUpdated

今回のメソッドは、Googleドライブでファイルの編集日時を取得するgetLastUpdated()メソッドの使い方をご紹介します。ファイルを編集すると更新時間が随時変更されていきますが、このメソッドを使うことで最終更新日時を取得することができます。更新日時がわかることで、期間を限定してある特定の期間に編集されたフォルダやファイルを取得したりすることができます。

使い方はgetDateCreated()メソッドと同じですので、簡単に使えるようになると思います。

続きを読む

【コピペで使える】GASでフォルダ/ファイルの作成日時を取得してみる

icon_For_DriveApp_getCreatedDate

今回のメソッドは、Googleドライブでファイルの作成日時を取得するgetDateCreated()メソッドの使い方をご紹介します。ファイルが一番最初に作成された日時は一度編集などをされてしまうと手動で確認するには編集履歴を確認するしか無いと思いますが、このメソッドを活用すれば簡単に作成日時を取得することができます。使用用途としては、作成日順でソートしたりでしょうか。あるいは、作成から○日後に処理を行うなどもできるかもしれませんね。

今回はこのgetDateCreated()メソッドの使い方を学んでいきたいと思います。

続きを読む

【コピペで使える】GASでGoogleドライブにフォルダを作成する

icon_For_DriveApp_CreateFolder

今回はGASでGoogleドライブに新規フォルダを作成するcreateFolderというメソッドをご紹介します。

こちらのメソッドを使えるようになると、バッチ処理として一括でフォルダを作成したりといった処理が簡単に行えるようになります。私も単純作業をしているときなどはよくスプレッドシートとこのようなシンプルな機能を組み合わせてバッチ処理を行っています。この部分だけを取り上げてみてもGASを学んでよかったなぁと思える部分の一つであると感じています。

続きを読む

【コピペで使える】GASでGoogleドライブにファイルを作成する

icon_for_DriveApp_createFile

今回はGASでGoogleドライブに新規ファイルを作成するcreateFileというメソッドをご紹介します。
Googleドライブにファイルを保存するというのは日常的によくある場面かと思いますので、使用頻度は高いのではないかなと思います。

例えば、受信メールの添付ファイルやスクレイピングした画像データを的にGoogleドライブに保存したりといった使い方が思い浮かびます。
そういった場合に利用するのが今回ご紹介するcreateFileというメソッドになります。

続きを読む

今日からGoogleドキュメントで使えるGASのコード一覧

DocumentApp

本記事では、Google Apps ScriptでGoogleドキュメントに対して使うことができるDocumentAppという処理の一覧表を用意しました。Googleの公式ドキュメントは英語なので、分かりづらいところもありますので、みなさんがそこで挫折しないように日本語で内容が把握できるようになっています。

DocumentAppの概要

DocumentAppとは、Google Apps ScriptでGoogleドキュメントに対する操作を行うコードですが、DocumentAppに用意されているメソッドでは、次のような操作を行うことができます。

  • ドキュメントファイルの作成
  • アクセス権限の編集
  • ドキュメントファイルの修正

続きを読む

【日本語リファレンス】GASの日次割当と日次制限について

みなさん、あけましておめでとうございます。

2021年初の記事はGoogle Apps Script(以下、GAS)に関連する日次割当や制限について説明しようと思います。

GASは開発環境の構築などが必要なく、Googleアカウントさえあれば誰でもすぐに開発が行えるため、非常に便利で有用な言語です。しかしながら、手軽に使える反面、いろいろな制限があることをご存知でしょうか?

今回は、こちらの公式ページの翻訳をベースにGASの制限や1日の割当について説明をしようと思います。

続きを読む

【コピペで使える】GASで添付のzipファイルを展開してドライブに保存する

前回のブログではファイルをzip形式にしてメールを送る方法を紹介いたしました。

【コピペで使える】GASでファイルをzipにしてメール添付してみる

今回はその逆となる

メールに添付されてるzipファイルを展開しそのファイルをGoogleドライブに保存する

といった作業を自動で取得するスクリプトをご紹介します。

続きを読む

【コピペで使える】GASでスプレッドシートに画像を挿入してみる

スプレッドシートで資料などを作る際、画像を貼り付ける機会もあるかと思います。

通常のスプレッドシートの作業ですと、

貼り付けたい指定の場所のセルをクリック

挿入タブをクリックしセル内の画像もしくはセル上の画像をクリック

という大変長いプロセスがあってやっと画像が貼り付けられます。

セル内の画像であれば問題はないですが、セル上にするとサイズも調整しなければいけません。

そこで今回はinsertImageというメソッドを使って、

画像貼り付け 位置調整をスクリプトで設定してしまう方法をご説明していきます。

これが出来ると大量の画像貼り付け処理もストレスなく作れてしまいます。

続きを読む

【コピペで使える】GASでセルが空白時の条件ルールを適用してみる

スプレッドシートには条件付き書式の設定があります。

この機能を設定することによって、

セルに特定の文字が入っている場合に書式を変更する

特定の日付が入っているとその文字に色をつける設定をする

などといった条件によって書式を変更することが可能になります。

手動で行う際には、

タブの中にある表示形式から条件付き書式をクリック

といった方法でも設定することが可能です。

しかしながら都度設定することは作業効率も悪いですし、誤った設定方法を行う可能性もあります。

条件付き書式の設定をスクリプトで作成していく際には所定の条件を入れる必要があるのですが、条件付き書式の作成方法は スプレッドシートのビルダー作成メソッド

newConditionalFormatRule()

にて説明していますので、こちらの基本的なメソッドが知りたい方はそちらもご覧ください。

今回はその中の条件設定の一つ、セルが空白かどうかを判定するためのメソッド

whenCellEmpty

whenCellNotEmpty

をご紹介します。

このメソッドを使用することによって作業者が、

入力してはいけない箇所で入力をした際

大量のデータ入力の中で入力し忘れてしまった際

にセルの色が変わって気づくことができるなどのミスを防ぐことが可能になります。

続きを読む

【コピペで使える】GASでスプレッドシートの書式設定を作成する

スプレッドシートを作成する際に、文字の大きさや条件書式などを設定することがあります。

そのためテキストスタイルを変更する際に、

毎回同じ書式を使う場合でも同じ設定をするために時間がかかる

同じ報告書なのに他の人のスプレッドシートの文字の大きさや記載方法が違う

などの手間がかかってしまうことで効率が下がってしまうことがあります。

そのように手動で毎回設定するのではなく、スクリプトで書式などをあらかじめ設定することによって、

作業効率・ミスの低下・確認の簡素化

が出来るテキストスタイルの設定方法newTextStyleメソッドについて今回はご紹介します。

続きを読む