g suite services

無料のGmailアカウントでGASに初回の実行許可を与える方法

スクリプトエディタ

今回と次回の投稿では、Google Apps Scriptでその他のG Suiteサービスの操作を行う際に必要なアクセス許可について説明します。Googleアカウントには無料のGoogleアカウントと有料のGoogle Workspaceアカウントの2種類がありますが、アカウントの違いによって表示される画面が違いますので、ご自身のアカウント種類の方法を確認して下さい。

本投稿では、無料版のGoogleアカウントでスクリプトにアクセス許可を付与する方法を説明します。

続きを読む

【コピペで使える】GASでカレンダーに終日予定を作成してみる

icon_for_CalendarApp_ createAllDayEvent

このページでは、終日予定を作成するcreateAllDayEvent()の使い方を紹介します。

Googleが提供しているGASに関する公式リファレンスはとても詳しく書いてあるのですが、英語のみの提供のためハードルが高く感じる人も少なくないと思います。そのハードルを少しでも低くし、より多くの人にGoogle Apps Scriptを使えるようになってもらいたいという思いから日本語のリファレンスページを用意しました。

続きを読む

GASで初めてのプログラムを1分で開発しよう

スクリプトエディタ

前回の『3種類のスクリプトとスクリプトエディタの開き方』ではプログラムを開発するためのスクリプトエディタの開き方と、3種類のスクリプトについて学びました。今回の投稿では実際に簡単なプログラムを書いてみたいと思います。

初めてプログラムを触る方たちのためにもサンプルコードを用意して、コピー&ペーストだけでプログラムが実行出来るようにもしてあります。ぜひご自身のパソコン環境で初めてのプログラムを実行してみて下さい。

続きを読む

今日からGoogleカレンダーで使えるGASのコード一覧

icon_for_CalendarApp

CalendarAppとは、Google Apps Scriptでカレンダーの操作を行う際に利用するコードのことですが、本投稿では、CalendarAppで使用できるコード一覧を作ってみました。

CalendarAppの概要

CalendarAppに用意されているメソッドでは、いろいろな種類がありますが、代表的なメソッドを挙げると次のような操作がプログラム上で実行できます。

  • 新規カレンダーの作成
  • 既存カレンダーの修正・削除
  • 新規予定の作成
  • 既存予定の修正・削除
  • 既存予定から情報取得
  • リマインダーの追加・削除

明示的に指定をしなければ、実行者のデフォルトカレンダーに対してプログラム操作が実行行いますが、カレンダーIDやカレンダー名などで指定することで追加したカレンダーに対してもプログラムから同様の処理を行うことができます。

続きを読む

GASで操作できる12個のG Suiteサービスを徹底解説

スクリプトエディタ

Google Apps Scriptでは、Googleが提供しているコアサービスとの親和性が高く、それぞれのサービスに対応する専用コードが多数用意されています。この専用コードを使えるようになることで、今まで手作業で行っていたことが自動化できたり、それぞれのコアサービスを連携したりできるようになります。

Google Apps Scriptはとても便利なプログラム言語なのですが、公式リファレンスは英語のみでの提供となるため、少しハードルが高いと感じる方も少なくないのではないでしょうか?ここでは、そのハードルを少しでも低く感じられるようにすべてのコードを日本語で解説しています。

続きを読む