calendarapp

【WEBアプリデモ】GASで営業管理ツールを作った話

提供されている営業案件管理ツールが使いづらすぎて、自分がほしい機能だけを盛り込んだオリジナル営業案件管理ツールを作った話を共有しようと思います。

例のごとく、開発言語はGoogle Apps Scriptですが、アイディア次第で本当にいろいろなものを作成できるのがこの言語のいいところですね。しかも、それが無料ですぐに開発できるとなれば使わない手はありません。

続きを読む

【コピペで使える】GASで繰返し予定を取得してみる

icon_for_CalendarApp_getEventSeries

カレンダー予定を繰り返し予定として取得するメソッド— getEventSeries()

CalendarAppのメソッドには繰り返し予定として取得するためのメソッドが2つあります。一つはgetEventSeriesById()で予定のIDから取得する方法です。もう一つは、今回ご紹介するgetEventSeries()です。こちらはEventオブジェクトに対して利用でき、繰り返し予定でなくともEventSeriesオブジェクトとして取得することができます。

続きを読む

【コピペで使える】GASで予定の開始/終了時間を設定してみる

icon_for_CalendarApp_setTime

今回のメソッドは、予定の開始時間と終了時間を設定するsetTime()メソッドを紹介します。このメソッドの使い方をマスターすれば、一度作成した予定の開始時間や終了時間を自由自在に変更して好きなように予定をコントロールすることができます。
一度作成した予定は削除しない限り予定のIDが変わりませんので、予定を移動する場合などにもそのまま再利用した方が扱いやすいです。カレンダーをGASで操作することを考えている場合は、早めに使い方を身につけていたほうが良いと思います。

Google Apps ScriptでIDを変えずにいることにはいろいろとメリットがありますので、この件に関しては別の記事で詳しく説明しようかと思います。

続きを読む