リファレンス

【コピペで使える】GASでフォルダ/ファイルの最終更新日時を取得してみる

icon_For_DriveApp_getLastUpdated

今回のメソッドは、Googleドライブでファイルの編集日時を取得するgetLastUpdated()メソッドの使い方をご紹介します。ファイルを編集すると更新時間が随時変更されていきますが、このメソッドを使うことで最終更新日時を取得することができます。更新日時がわかることで、期間を限定してある特定の期間に編集されたフォルダやファイルを取得したりすることができます。

使い方はgetDateCreated()メソッドと同じですので、簡単に使えるようになると思います。

続きを読む

【コピペで使える】GASでフォルダ/ファイルの作成日時を取得してみる

icon_For_DriveApp_getCreatedDate

今回のメソッドは、Googleドライブでファイルの作成日時を取得するgetDateCreated()メソッドの使い方をご紹介します。ファイルが一番最初に作成された日時は一度編集などをされてしまうと手動で確認するには編集履歴を確認するしか無いと思いますが、このメソッドを活用すれば簡単に作成日時を取得することができます。使用用途としては、作成日順でソートしたりでしょうか。あるいは、作成から○日後に処理を行うなどもできるかもしれませんね。

今回はこのgetDateCreated()メソッドの使い方を学んでいきたいと思います。

続きを読む

【コピペで使える】GASでGoogleドライブにフォルダを作成する

icon_For_DriveApp_CreateFolder

今回はGASでGoogleドライブに新規フォルダを作成するcreateFolderというメソッドをご紹介します。

こちらのメソッドを使えるようになると、バッチ処理として一括でフォルダを作成したりといった処理が簡単に行えるようになります。私も単純作業をしているときなどはよくスプレッドシートとこのようなシンプルな機能を組み合わせてバッチ処理を行っています。この部分だけを取り上げてみてもGASを学んでよかったなぁと思える部分の一つであると感じています。

続きを読む

今日からGoogleドキュメントで使えるGASのコード一覧

DocumentApp

本記事では、Google Apps ScriptでGoogleドキュメントに対して使うことができるDocumentAppという処理の一覧表を用意しました。Googleの公式ドキュメントは英語なので、分かりづらいところもありますので、みなさんがそこで挫折しないように日本語で内容が把握できるようになっています。

DocumentAppの概要

DocumentAppとは、Google Apps ScriptでGoogleドキュメントに対する操作を行うコードですが、DocumentAppに用意されているメソッドでは、次のような操作を行うことができます。

  • ドキュメントファイルの作成
  • アクセス権限の編集
  • ドキュメントファイルの修正

続きを読む

Google Apps Scriptでドライブのフォルダやファイルを取得してみる

icon_for_DriveApp_getFiles_and_getFolders

今回の記事は、Google Apps Scriptを使ってGoogleドライブ上のファイルを取得する方法を紹介していきます。GASでフォルダやファイルを取得する方法はそれぞれいくつかあるのですが、取得方法にそれぞれ結構な違いがありますのでこの記事ではそれぞれの使い方をまとめて紹介したいと思います。GASでドライブ上のフォルダやファイルに対して処理を行う場合には、まずは対象のアイテム(フォルダやファイル)を取得する必要があります。

続きを読む